薄毛と髪のサイクル

髪の毛の成長にはサイクルがあります。
その時期は3つに分けることができ成長期、退行期、休止期となっています。
成長期は名の通りに髪の毛が成長していく時期です。
この間は毛根から髪の毛が伸びていき一定の長さまで伸び続けます。
3つの時期の中では最も長くかかる時期であり2年から6年と年単位でかかります。
成長期が終わると次は退行期に移ります。
この期間に入ると毛根が退行していく髪の毛が衰えていきます。
3つの時期の中で一番期間が短くこの時期は僅か2から3週間程度となっています。

最後が休止期であり、この時期になると新しい髪の毛が作られていくと同時に古い髪の毛は抜け落ちていきます。
この期間はそれなりの長さとなっており3ヶ月から4ヶ月程度となっています。

これが普通のサイクルですが薄毛となると話は別です。
逆に言えば正常なサイクルを知ればサイクルに異常が起きた時に自分が薄毛になっていると判断をすることができるのです。
現にAGAの発症を始めとして薄毛になっているとこのサイクルが変わります。
基本的には休止期自体は変わりませんが本来髪の毛が伸びる成長期の時期が短くなることです。
しかし髪の毛の成長期は年単位であるため短くなったかどうかを判断するのは難しい話となります。

ではこのサイクルを理解した上で自分が薄毛であると判断するにはどのような点を見ればよいのでしょうか。
それを踏まえて自分が薄毛であると分かったらどのような対策を採ればいいでしょうか。



[注目情報]
血流と毛髪の成長関係からAGAの治療を行っている美容クリニックです > AGA